会長挨拶

映画英語アカデミー学会

会長 寶壺貴之   
(岐阜聖徳学園大学)

平素は本学会の諸活動への理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。この度2019年3月23日に行われた第6回全国大会の総会での承認を受け、TAME(映画英語アカデミー学会)の第2代会長に就任することになりました寶壺貴之と申します。学会の発展に少しでも貢献できるよう精進する覚悟でございますので、会員の皆様におかれましてはどうぞ学会運営へのご協力をよろしくお願い申し上げます。

2013年の設立以来、本学会は日本の英語教育に映画を活用することを推進して、英語教育の改善や発展に寄与することを目的として活動してまいりました産学共同の組織です。従って学会員も幼・保、小、中、高、大学の英語の先生方をはじめとして、映画を活用して学習したいと考えている一般の学習者の皆様、及び映画会社や出版社をはじめグローバルな企業でご活躍されている方々等、様々です。その意味でとてもユニークな学会と言えます。

TAMEでは年間を通して様々な事業を行っていますが、私の就任中には以下の3つの活動の取組みに努力したいと考えています。

  • 全国大会及び映画英語フェスティバル(映画英語アカデミー賞発表式)の開催
  • 映画英語教育の出版物『映画英語アカデミー』の会員への執筆促進と刊行
  • 支部活動の活性化

1.2.については、初代会長の曽根田憲三先生が築いてくださったものを継続して発展していきたいと思っています。特に3については、現在TAME では全国理事会と各県単位での支部活動が行われていますが、実際に定期的に活動を行っている県支部は、千葉県、神奈川県、愛知県、岐阜県、三重県、大阪府、福岡県となっています。就任中にはこの他の県支部の立ち上げや活動の活性化に努力したいです。

現在、ほぼ400名の会員の皆様と共に映画を使って楽しく英語学習を行っていくことを普及していければと考えています。

最後になりましたが、会員の皆様の益々のご健勝とご発展を心より祈念しております。

The Academy of Movie English

President Takayuki Hoko

It is a great honor for me to assume my first term as the second President of the Academy of Movie English (TAME). I do so with much excitement. As President of this association, I will strive to do my best for all our activities.

In 2013, TAME was established as an organization to improve English language education through using foreign movies in Japan.

TAME is composed of the following various types of memberships: English language teachers in pre-school or kindergarten, elementary, junior high school, senior high school, and university levels; students or general learners; and global workers in the film, the media or publishing industries. Because of this, this association is a very unique organization.

During my term as President, I will focus on the following three activities.

First Activity:

Holding a national convention and a national English Movie Festival

Second Activity:

Publication of bulletins related to teaching English through using movies

Third Activity:

Activation of prefectural chapters

I will especially focus on the third activity. TAME consists of the Headquarters and the Prefectural Chapters, but in fact, only seven chapters (Chiba, Kanagawa, Aichi, Gifu, Mie, Osaka, Fukuoka) hold some activities. I will strive to do my best to activate the set-up of other chapters and prefectural events.

With around 400 members who share goal of improving English Language Education through using movies in Japan, we have a wealth of knowledge and experience.



トップページへ

名誉会長挨拶

映画英語アカデミー学会

名誉会長 曽根田 憲三

私たちは日本の英語教育における外国映画の活用を推進する産学協同の組織です。映画に関連したさまざまな企業の貴重な意見や協力を得ながら、年に一度、教育の現場にふさわしい作品を会員の投票により選び、それらに教育的見地から解説を加えたのち、一冊の本にして出版するという、これまでにない全く新しいユニークな学会なのです。

いうまでもなく、映画には学習者の学習意欲を刺激する全てがあります。言語の習得に不可欠な私たちの人生が極めてリアリスティックに、そして豊かに描かれているのです。人間関係の基本である親子のほのぼのとした愛があり、葛藤があります。人と人との出会いがあり、辛く悲しい別れがあります。私たちの誰もが一生に一度は経験するだろうあらゆる出来事の縮図があるのです。しかも、展開する興味あふれる物語の中で、世界中の人々があこがれる有名なスターたちのしゃべるセリフは、一流の脚本家によって煉りに練られたものだけに、登場する人物や場面に最もふさわしい表現になっており、その音声は少しのわざとらしさも感じさせない、自然なものです。そこには短縮形あり、省略形あり、スラングあり、また必ずしも文法通りに話されているわけではありません。演じられる人物の社会的立場や年齢、性別、居住する地域などによって彼らの表現や発音が微妙に異なったりもします。だからこそ、それらはリアリティに富んだ英語であり、学習者はオーセンティックな、すぐに使える英語表現を楽しみながら学ぶことができるのです。

スターたちのしゃべる英語に真剣に耳を傾け、口真似し、彼らのボディ・ランゲッジに注意を払えば、学習者の英語によるコミュニケーション能力が飛躍的に向上するのは確実です。教室にいながら、さまざまな出来事を世界の美男、美女たちと疑似体験できる映画は、若者の英語離れが指摘される今の時代に最も必要な教材であり、英語教育の切り札と言っても決して言い過ぎではないでしょう。

The Academy of Movie English

President Kenzo Soneda

We are an educational-commercial organization that promotes using foreign films in teaching English in Japan. While receiving valuable opinions and cooperation from various industries related to movies, once a year we select works from members appropriate to the educational scene and vote for them, adding explanations from the educational point of view, then publish a book; this is a completely new, unprecedented and unique academy.

It goes without saying that movies have everything to stimulate learners’ desire to learn. Our lives essential to mastering a language are very realistically and richly described. There are the fundamental warm loving relationships between parents and children, and their complications. There are people meeting people and painfully sad partings. There are all kinds of vignettes of deeds that perhaps everyone experiences once in a lifetime. Moreover, in the midst of the development of interesting stories, lines spoken by famous admired stars are skillfully penned by world class scrip-writers. Therefore they are most appropriate for the characters and the occasions, and they also sound utterly natural. There are elisions and reductions, contractions and slang, and they are not always grammatically correct. The characters portrayed have different social standing, ages, and places of residence that give rise to subtle differences in their expressions and pronunciations. Because of that, the English is full of reality and learners can have fun and learn authentic English expressions that they can use at once.

If they listen carefully to the stars speaking English, mimic them and pay attention to their body language, learners will certainly rapidly improve their ability to communicate in English. In the classroom students vicariously experience the events of the handsome men and beautiful women; these materials are most important in this age when young people no longer want to study English as much as they used to. And it would not be an overstatement to say that movies are an ace in the hole in English language education.



トップページへ